私の記憶の中に 
今でもワンフレーズだけ歌える歌があります
3才の終わり頃 母と別れたので 
ずっと 母の顔とともに おぼろげにおもいだされる歌でした
(子どもの頃には もうすこし長く歌えたような気もします) (*´∇`*)

何十年か後に 母に聞いてみたら 
「そんな歌は知らない」と答えていましたから
そのころ両親が間借りしていたあめやさん(あめ作りを見るのが好きでした)の
おばちゃんが歌ってくれたのかもしれないし
特別に3才から預かってもらっていた保育園の
園長先生が歌ってくれたのかもしれませんが
ずっと母が歌ってくれたものと思っていました
いえ きっと母は 忘れたのでしょう

「つりがねそうの歌」

わたしの記憶の中の いちばん古い歌

♪ つ~りがねそ~うの~ ♪ のフレーズは
今もわたしを何とも言えない気持ちにさせる 
わたしの子守歌です

母と別れてから 眠るときに
いつもひとりで歌いながら眠ったのをおぼえています

  Check

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク










バーコード
カウンター
ブログ内検索
「きらきら星」の歌詞/追記  HOME  子守歌

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ