「個性が伸びる 子どもが伸びる Conobie」より
https://conobie.jp/article/2157 
(全文をお読み下さい)


自分で自分にOKが出せる「根拠のない自信」が育つ環境とは
〜子どもの遊びと育ち(心編/自己肯定感)〜



日本は自己肯定感の低い子どもたちが多いと聞きます。
その原因がどこにあるのかはっきりとは分からないものの、
子ども たちが遊ぶ現場にいて感じることはたくさんあります。

豊かに遊ぶ経験を持った子どもたちに共通している”根拠のない自信”とは?
遊びが子どもたちの心の育 ちにどんな影響をもっているのか。
エピソードを交えながら紹介していきます。



(文中抜粋)
・・・
「遊びきったかどうか」は大人が決めるのではなく、
子ども自身が決めるものだということを、
仕事に復帰したその後も様々な子どもたちからも学びました。
また、遊びきる経験を積み重ねてきた子どもたちの心の成長も
たくさん見せてもらいました。

遊びきる体験を多くすることで、
自分で自分にOKが出せるようになってくるのです。

・・・・・・・

この自信は他人と比べることができない主観的な評価に基づくものであって、
「かけっこで1位」「どろだんごづくりが他の子よりも上手」といったことを
他人に褒められるなど、客観的で相対的なモノサシを経て得た「優越感」とは
大きく異なります。
私はこれを「根拠のない自信」と呼んでいます。

子どもはたくさんの自由な遊び体験を通して、
自分で自分にOKが出せるようになるための主観的なモノサシを育んでいます。
それがあってはじめて、人は自分を好きになる気持ちを育てることができるのです。


  Check

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク










バーコード
カウンター
ブログ内検索
抱きしめて 「必ず迎えに来るよ」・・・  HOME  足がいたいときは

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ