忘れないうちに書いておこう

この頃はなんでも 頭がドライブスルーになっているので
ひとつに集中すると ほかのことを忘れる

レジでお金を払ったら 買ったものを忘れる
買ったものを忘れないようにしようとすると おつりを忘れる
おつりに気をとられて 意気揚々と店を出てしまうと
買ったものも バッグも 
忘れたことも忘れる 見事な毎日

さて 忘れないように書いておこうと思ったことは・・・
何だっけ? といったぐあい・・・


そうそう
「そらが熱を出した時の対処法」だ

赤い顔をしたそらが キャベツを頭にかぶってお昼寝していた
頭の下にも キャベツを手ぬぐいにくるんで敷いている

うすい毛布を腰から下にふわっとかけただけで
上半身には 遊んでいた服のまま
なにもかけていない  冬なのに・・

(え? 熱があるんでしょ?こんなんでいいの?)と私の心の声
なにせ 育児について 私の経験は役に立たないことを知ってしまったので

「朝方は 39度4分まで上がったけど 今は37度5分
 機嫌もいいし 下痢もしてないし 食欲もあるから・・ 
 今は手足が熱いから 熱を放出させたほうがいいのよ」と 娘

私は どうやっていたんだろう・・・薬でも飲ませて 
いや座薬かな 布団をいっぱいかけて無理矢理寝かしていたような・・
(m m m・・・昔のことも思いだせない・・・)

キャベツの葉っぱの丸みが 頭にちょうど帽子のよう
横から見ると 葉脈が血管みたいで・・・
・・みどりの頭の・・・言葉が見つからず・・
・・・キャベツオトコみたい といったら 

「キャベツオトコだなんて・・ キャベツぼうやっていってよ」
と娘に訂正された

そうだね ハハハ ストッキング男みたいだもんね
と ごまかし笑いの私

キャベツはエライね
煮ても 炒めても 生でも食べられて
おまけに熱までとってくれるなんて・・とひとりごとを言いながら

これは なに? 何が入ってるの? と 
足元に転がっているペットボトルを指さしながら

そらが大好きなペットボトルに 
お水を入れたら重いじゃない というと

「ああ 手足が冷たいときは それにお湯を入れて遊ばせてるの
 手足が熱いときは お水にして 
 持ってるだけで 手から体温調節よ」

へ~~ぇ うまいこと思いついたね~ 
おもちゃを湯たんぽや水枕の代用にしてるんだ~ 
ふ~ん なるほどね~


娘は まるで ばあちゃんのようだ (o^∇^o)ノ

熱の時は キャベツ帽子と
ペットボトルを使うべし なるほどね 

ところで これは
何のために 誰のために 忘れないようにするんだっけ?

次にくる孫のためかな

きっと からっぽな知恵袋に
新しい知恵を入れときたいんだな


  Check

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク










バーコード
カウンター
ブログ内検索
年越し  HOME  見直しの時

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ