久しぶりにそらと 
歩いておつかいに行った帰り

これもずいぶん久しぶりに
近くの小さな神社に寄り道した

「いいよ~ 早く行こうよ~」と
いやがるかと思いきや
私を追い越して
さっさとお参りをはじめている

赤ちゃんのとき
神社に近づくと だっこひもから手をだして
小さな両手を合わせていたのを思い出して
なつかしいなぁと見ていたら

きょうは荷物があったので
「いつもありがとうございます」と
頭を下げただけの私のとなりで

神妙に 二礼をしたあと
ゆっくりと 二拍手
そのあと 目を閉じてなにやら祈り
また二礼をしてから
なにごともなかったように歩き出した

おそるべし 4歳児!・・・


そういえば 
まだ 「ん!(あっち!)」と指さすことしかできない頃
ある公共の建物の中で
抱っこひもの中から  
しきりに指さして 「ん!ん!(上に行け)」と言う

指さすほうに上がってみたら
二階の奥におみこしが飾られていた

「あら おみこしだねぇ」という私に
もっと近づけと指示してくる

おみこしの前まで近づいたら
そらが 抱っこひもから体をよじって両手を出して
その手を合わせて祈ったのを見て
私はびっくりしてしまった ( ゚Д゚)

赤ちゃんには
おみこしが神社の波動と同じだとわかる!

1階にいても 2階の波動がわかる!

そういえば
「般若心経」のCDを 正座して
何度でも聴きたがったっけ・・・

波動の世界に生きている赤ちゃんと
目で見える世界を信じて生きている私たち

おぼえている小さい人と
忘れてしまった大きい人との関係は

おぼえている小さい人にとっては
なんともせつないものではないか・・・


わかったふうな顔で命令する父親に
「パパはずるいよ!気が付いたら いつもパパはパパの役ばっかりやってる!
 ボクだってパパの役をやりたいのに~!」と にらみつけた私の長男も
やっぱり4歳くらいだったかもしれない

4歳ってすごい!
というよりも
それまでは もっとすごかったのかもしれないけれど
話せないのでわからなかっただけかも・・・

だとしたら・・・

さあて うかうかしてはいられません
知ったかぶりをしないで
謙虚に小さい人の言葉に耳をかたむけなければ

小さい人がおぼえているうちに
大きい人は 情報を更新してもらわないとね (*^^)v

小さい人は しあわせに生きる方法を
大きい人に伝えるために来ているのだと思えるのよね





  Check

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク










バーコード
カウンター
ブログ内検索
いいな きょうだいって  HOME  そらあかちゃん

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ