夕方 娘の所に寄ったら
「夕飯の下ごしらえをするあいだ
 そらをちょっとみてて」
というので そらと遊んでいたら

たまごを切らしたと言って 
娘がいそいで買いに出ようとした
肩にはいつもの水玉のだっこひも

私の腕にいたそらが 
ママを見上げて必死な顔!
いきなり泣き出した

娘は笑ってかがんで 
そらのほっぺを両手でつつみ
「だいじょうぶ 
 そらをひとりで置いていったことなんてないじゃない
 ほら おいで」
と だっこしてふところに入れた

「ああ あんよが冷たいねぇ ごめんね~」
と だきしめる

ほっぺに涙をぶらさげたまま
そらは私に Vサインのような笑顔をみせた


ふたりがそそくさと出て行ったあと
蛍光灯の下に立ったまま
わたしはしばらく動けなかった

「ひとりで置いていったことなんてないじゃない」
という言葉が 
まるで私の母の口から聞いたように錯覚した

「おまえをひとり おきざりになどしないよ」

どれほどそう言ってほしかったかと
思いがけない 赤ん坊の時の気持ちが浮かび上がってくる
置いて行かれまいと 必死な私の顔が浮かぶ

ほっぺを両手で包みこまれて
「だいじょうぶ 
 ひとりで置いていったことなんてないじゃない
 さあ おいで」

そらが娘のふところに
ぬくぬくとおさまったのを見たとき
赤んぼうの私が いやされていった

60年も前の私から
Vサインを送られたような気がした

  Check

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク










バーコード
カウンター
ブログ内検索
しまごろう  HOME  言葉にできないこと

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ