やりたいことだらけで
体がひとつじゃ足りないよって思いながら

夜 ふとんに横たわって
ああ 楽だ~ って
声が出るほど疲れきっていて

目は しょぼしょぼして
もはやあけていられないのに

それでもまだ 閉じることがおしくて
もったいなくて 

本を広げても 
すぐに顔の上に落ちてくるのに
ビックリしても また広げて

開けていられない目をはげましながら
まだ明かりを消せずに
まだやりたいことがある私に

「まるで そらと いっしょだね」
と 苦笑する


あくびをしだして
動きも緩慢になり
まばたきをしなくなり
長いまつげが閉じたがって おりてくるのに
がんばって お昼寝しないそら

まだ あそびたい!
まだ やりたい!

眠ったら 遊べないじゃないかと
がんばって 泣きながら眠りに抵抗している そら

そのきもち

よ~く わかるよ

この世が 楽しいんだね

私は小さい時 早く眠ってしまいたかった
目が覚めたことが悲しかった

そらが 眠るのがいやだと泣くときも 
むっくりと 上機嫌で 起きてくるときも
ばあばは よかったな と思っています


そして ばあばも今
眠りたくないほど やりたいことがいっぱいで

そらと おんなじ

しあわせで たまりません

  Check

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク










バーコード
カウンター
ブログ内検索
あららの失敗  HOME  二歳のそらへ 遺すことば

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ